hkktbc

収集、メモ帳、日々のたわむれ。

4月 25, 2014 at 3:18pm
260 リアクション
itokonnyakuからリブログ

1 名前:宵宮祭φ ★[] 投稿日:2011/08/24(水) 00:32:10.00 ID:???0 
幻の銀製カップ復元 FAから日本に贈呈式

 イングランド・サッカー協会(FA)から1919年に寄贈され、21年の日本サッカー協会創立の契機となったといわれる銀製カップが復元され、23日にロンドンの“聖地”ウェンブリー競技場で再びFAから日本協会へ贈呈された。

 式典にはFAのデービッド・バーンスタイン会長や日本協会の小倉純二会長、かつてのイングランドの名選手、ボビー・チャールトン氏らが出席。戦争中の45年、政府の銀回収に協力して供出され、幻となっていたカップは9月10日の日本協会創立90周年を前に当時と同じサイズで復元された。
小倉会長は「カップは両国のきずな。大変感謝している」と述べた。

 復元されたカップは第91回天皇杯全日本選手権の優勝チームに手渡される計画がある。


19 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2011/08/24(水) 00:44:09.68 ID:g/dDs3Jw0 
なんで日本だけ正式なFA杯の暖簾分けされてるんだろ
韓国なんかにもあるけどあれは自称だし


35 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2011/08/24(水) 01:05:34.74 ID:1T/m26zB0 
»19
確か日本の何箇所かでサッカーの大会がほぼ同時期に行われて
同一の時期に日本サッカー協会みたいなものが設立されたんだったかな
で、イギリスの外人記者にはそれが、日本でNo1を決める大会が始まったように見えてて
それをイギリスに報告したらイギリスのサッカー協会が
日本でももっとサッカーが普及して欲しいねって事で杯を贈ってくれてんの

その頃は欧州ではイギリスの影響力が落ちてて、それを挽回したかったって話もあるなw


37 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2011/08/24(水) 01:11:38.11 ID:21mTIHnl0 
»19
関東でサッカー大会がある

イギリス大使が観戦して大喜び

イギリスの新聞、日本で全国大会があったと勘違い

FA、更に勘違いしてそれなら日本にサッカー協会あるってことだろ

FA、銀杯作って優勝チームにあげなと勝手に日本のサッカー協会に送る

けど日本にサッカー協会なんてねえ

貰い手なし

困ったなあ、それじゃ失礼だろ

じゃあサッカー協会作るか

日本サッカー協会創立


51 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2011/08/24(水) 01:34:35.30 ID:3vgdIlop0 
地味かもしれないけどいいニュースだね。

カップは日本側で複製して、FA側の厚意で贈呈式をもう一度したってことなの?


54 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2011/08/24(水) 01:40:17.16 ID:qHHb0t5RO
»51
日本がイギリスに、「戦争で無くしたカップを復元してもいいか」
と問い合わせたら、
イギリス側が「そういう話なら、こちらからもう一度プレゼントします」ということになった。
»1に至る。


60 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2011/08/24(水) 01:49:59.17 ID:3vgdIlop0 
»54
解説サンクス
いい話だ。FAすげえ。お礼を言いたい。

— 日本サッカー協会創立の契機となった銀製カップ : 2chコピペ保存道場 (via itokonnyaku)

(gkojayから)

9:26am
300 リアクション
yellowblogからリブログ

昔校長先生が「勉強しないと視野が狭くなる。勉強しないと僅かな知識だけでこの世を理解しようとするせいで、ありえない仕組みを仮定して「分からない」を埋め立て始める。分からない物の多さが分からないからなんでも知ってる気分になってしまう」と話してたの、今になってすごく意味がわかる。

— Twitter / N_write (via yellowblog)

(otsuneから)

4月 18, 2014 at 3:18pm
268 リアクション
kotoripiyopiyoからリブログ

おまえら、思ってるだろう?
なんで、父ちゃんと母ちゃんは、たいしたこと成し遂げてないのに、あんなに幸せそうなんだろう、って。
お前の父ちゃんと母ちゃんの中心は、いまのお前の「おれ」じゃなくって、「お前に対する愛」に置き換わってるんだぜ。だから、あんなにも、幸せそうなんだ。
ほら、全然、わかっちゃいないだろう?
で、お前も、そうなるんだぜ。

— すべての若い人に読んでほしい、今季のアメリカで最高の「卒業生に贈るスピーチ」 - ICHIROYAのブログ (via kotoripiyopiyo)

(kotoripiyopiyoから)

8:00am
1,480 リアクション
llatzharからリブログ

つまり、緻密な絵を一度でも描くと、次から頭の中の絵も緻密になる。そのフィードバックは貴重だ。

— MORI LOG ACADEMY: 面倒なことをする理由 (via jinon)
2007-12-17 (via gkojay, llatzhar) 2009-11-20 (via gkojay) (via shimanashi) (via usaginobike) (via usaginobike) (via tra249) (via exposition) (via constan) (via sivamuramai) (via peak1993) (via shinoddddd) (via elice-shiyou) (via r-second) (via edieelee) (via ryusoul) (via nwashy) (via poochin) (via k32ru) (via dojiahol735) (via sashatan) (via zenrahanra) (via arma) (via nya2828) (via mmmmmmmmmy) (via shinoddddd) (via kouyoujisi) (via yellowblog) (via c-f-m)

4月 17, 2014 at 7:05pm
292 リアクション
yellowblogからリブログ

差別の本質は、「ケガレ」ではない。差別感情があって、差別の理由が見つからないときに、「ケガレ」という実体のない観念が想起されるというだけのことではないのか。

— 『 穢れと差別の民俗学 』 (via yellowblog)

(otsuneから)

5:17pm
3 リアクション
breeze2からリブログ
breeze2:

https://twitter.com/ukkunquality/status/456419267953836032/photo/1

breeze2:

https://twitter.com/ukkunquality/status/456419267953836032/photo/1

4月 16, 2014 at 6:31pm
300 リアクション
lookbookdotnuからリブログ
lookbookdotnu:

Straight Forward (by Marcel Floruss)

lookbookdotnu:

Straight Forward (by Marcel Floruss)

4月 15, 2014 at 11:41am
296 リアクション
tkrからリブログ

9: 以下、でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 01:53:51.27 ID:/1vERCVn0.net
ある日、叔母さんのうちに一本の電話がかかってきた。

「こちら警察のものですが、お宅の息子さんが事故を起して通行人に怪我をさせてしまいまして、被害者の方から示談で良いとのことで、至急こちらの口座に振 り込んでいただきたいのです。ただいま、息子さんに代わりますね・・・」

叔母さんはすぐにそれが最近流行っているオレオレ詐欺だということに気が付いた。
なぜなら、息子は5年前に事故で亡くなっているからだ。

「母さん、俺だよ、事故起しちゃってさぁ、大変だよ。すぐに示談金振り込んでくれよ」
叔母さんはその声を聞いてハッとした。
死んだ息子の声とそっくりだったからだ。
まるで死んだ息子が蘇り、そこにいるような気がした。
叔母さんは電話を切ることが出来ず、
しばらく息子にそっくりなその電話の声に聞き入っていた。
そして再び警察官と名乗る男に代わった。

「そういうわけなので、どうかお母さん、示談金、お願いしますね・・・」
再び息子と名乗る男に代わった。

「母さん、ゴメンよ、助けてくれ」
そこで叔母さんはやっと真実を話した。

「あのね、私の息子は5年前に死んでるの。」
電話の声がパタリと止まった。気まずい空気が流れた。
しばらくの沈黙の後、電話が切られる前におばさんは言った。
「ちょっと待って、あなたの声、息子とそっくりなの。 電話切る前に、もう一言だけ、声を聞かせてもらえないかしら。」
しばらくして、電話の主はこう言い、電話を切った。

「母さん」

— 深夜なので欝になる画像やコピペください : あじゃじゃしたー (via tkr)

(vmconverterから)

4月 14, 2014 at 8:23am
56 リアクション
do-nothingからリブログ

読者諸賢にもちょっと考えてみていただきたい。「自分は成長した」と実感したのは、どんなときだったろうか?

たぶん、何かを『教わった』ときではあるまい。また、何かの試験に合格したり、どこかに入学したときでもない。自分が成長したと実感できたのは、「それまでやったことのない未経験のことを、自分でやり遂げたとき」ではなかったろうか。

— プロジェクト・マネジメントの教育について (via do-nothing)

4月 13, 2014 at 7:35pm
16 リアクション
hutabaからリブログ

他にも、土の章で発酵をテーマに、ちゃんと乳酸菌を用いたザワークラウトや、日本でやったら完全に違法なビールの醸造に取り組む。料理というより、ガーデニングや日曜大工などのDIYを見ているようだ。その中で、人と微生物の深い係わり合いを語りだす。人の一生を通じて、60トンもの食物が腸内を通過し、腸壁上皮をさまざまな危険にさらす。その危険の多くは、腸内細菌によって処理されている。人の腸内に棲む、およそ500種で3兆もの細菌の運命は、宿主の生存にかかっている。ゆえに、彼らは全力をつくして、宿主を健康にし、長生きさせようとするという。彼らの栄養源は、食物繊維を発酵させた有機酸になる(他の器官と異なり血流にはほとんど頼らないらしい)。つまり、腸内でおきる発酵こそが、健康の鍵になるというのだ。

 ところが、脂肪分と精製炭水化物の多い食事が中心になると、エネルギーは与えてくれるが、腸と、そこに棲む細菌は飢えることになる。人と細菌からなる超個体には栄養を与えず、人にだけ栄養を与えるものになった。3兆の生物のためではなく、たった一つの生物のために食べているのが、現代なのだという。わたしという存在を、ヒトという種から見た場合、ヒトの細胞だけでなく、様々な細菌や寄生生物から成る、巨大なコロニーのように思えてくる。「わたし以外」を排除するのではなく、それらをひっくるめた超個体が、「わたし」なんだね。漬物から超個体まで広げる想像力がすごい。

— 

わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる

『人間は料理をする』はスゴ本

(via hutaba)

(a2chanから)